雑記

【イーロン・マスクの野望】テスラ社が空飛ぶ車を開発か?

こんにちはえにです!

今回は電気自動車でお馴染みのテスラ社のニュースを紹介します。
イーロン・マスクが超人気番組のジョン・ローガンのPodcastに出演し、次世代のテスラ・ロードスターについてコメントをいたしました。

テスラ、ホバリングする

“I want it to hover, and I was trying to figure out how to make this thing hover without, you know, killing people,”

イーロン・マスクによると
「(次世代テスラ・ロードスターを)ホバリングさせたいです。知っての通り、私は人を殺さないで飛ばす方法を探し続けてきました。」

ポイントはホバリングするが、高く飛びすぎないことだそうです。高さは1mで、もしも急降下しても死なない設計になるそうです!

但し、サスペンションは大破するかもしれないとのこと

時期はいつごろか

今年中にエンジニアリング(設計や生産技術)を確立し、2022年内に出荷をしたいとのことです。

さらに、この車にロケットエンジンを搭載するつもりだそうです。

えに

(やってんなぁ・・・)

10個未満のロケットエンジンを搭載するオプション

名付けて「SpaceX」

宇宙をイメージしたコスチュームでしょうか?

ライバル車の動向は?

ゼネラル・モーターズが1月12日に開催したCES 2021で空飛ぶキャデラックEVを発表しています。どこまで開発が進んでいるかは不明。

x

参照URLはこちらhttps://response.jp/article/2021/01/19/342287.html

まとめ

乗り物の未来は非常にエキサイティングで、将来空飛ぶ車のレースが見れるようになるかもしれませんね!

ゲームの中だけだと思っていました(笑)

これをEVでやろうとしているんですからテスラはすごいですね!要注目です!!

↓※この記事はcleantechNewさんの情報を元に作成しています。↓

https://cleantechnica.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です